シェアハウスとは

ペット可

シェアハウスとは一つの賃貸マンションの部屋を複数人で共有して住むことです。
ルームシェアとは違いきちんと業者が入り契約をします。
規模も2、3人から10人以上まで様々です。
ルールもそれぞれで、女性のみ入居可や契約年数を過ぎたら更新不可能などの場合があります。
シェアハウスのメリットはまず複数人で住むことにより1人あたりの家賃を低くできることです。
光熱費も定額が決まっていて毎月決められた金額を払えばあとは自由という契約のものもあります。

不動産側から
賃貸マンションを所有している不動産屋や管理人などにとってもメリットがあります。
家賃を支払う人が複数人いるので例え1人が急に払わなかったり退去したりしてもすぐに収入に大きな影響が出ることがなくなります。
また1人あたりの家賃が低いので多少プラスにしても問題がなく、1人で8万円の物件を3人で3万円ずつ、合計9万円の家賃収入を得ることができます。
賃貸マンションを一人に貸す場合も複数に貸す場合も管理方法は変わらないので手間は同じです。

よく考えてから
ですが、シェアハウスならではの問題もあります。
まったく知らない人たちが複数で住むためお互いが干渉し合いトラブルになる可能性も高いのです。
そのためにシェアハウスでは独自のルールを決めている場合が多く、例えば音のボリュームや電話の時間、お風呂の時間などを設定することで同居者たちのトラブルを回避するように努めています。
シェアハウスは金銭面では非常にメリットが高く、複数人で住むために一人暮らしよりも空き巣などに対しては安全と言えます。
シェアハウスを希望する人は実際に何か所か物件を回ってみて契約するかどうか決めることをおすすめします。

新たな選択肢

階段

近年、賃貸マンションなどに部屋を借りる際の選択肢のひとつとして、シェアハウスになっている賃貸マンションに暮らすといった選択肢が話題を集めています。
シェアハウスとは、ワンルームなどの狭い部屋ではなく、4LDKなどの広めの物件に、複数の人が暮らす部屋の借り方となります。
それぞれの個室はプライベートな空間として確保され、それ以外のリビングやキッチン、浴室やトイレなどは共同のスペースとして利用する暮らし方なのです。

いい物件で得に暮らす
このシェアハウスの魅力としては、ワンルームを借りるのと同等の家賃負担で、先に挙げたような広いリビングやキッチン、浴室などを備えたマンションなどの物件で暮らすことが可能な点を挙げることができます。
特に都市部などのマンションでは、ワンルームなどの手狭な物件であるにもかかわらず、家賃負担が大きな部屋が多くなっていますが、このシェアハウスでの生活を選択することで、お得に広い部屋でのびのびと生活をすることが可能となるのです。

人が居る安心感
そして、家に帰れば人が居るといった安心感があるのが何よりの魅力となります。
一人暮らしでは、帰宅後に話し相手がいないといったことは半ば当たり前のことであり、特に女性などでは、防犯的な面から見ても不安が残ることとなります。
しかし、常に一定数の共同生活者と共に生活をおくることができるため、こういった心配事はなくなるのです。
共同生活者との生活に楽しさを感じることができれば、毎日の帰宅をより一層楽しみにすることができるようになるのです。

どんな心構えが大切か
共同生活になりますので、自分のルールでやりたい人は窮屈かもしれません。
コミュニケーション能力がないと共同生活は難しくなります。
また、共通で使う部分が多くありますので、きちんと掃除ができたほうが良いでしょう。
お互いに気持ち良く暮らそうという意識が大切です。
シェアハウスにも、大人数タイプから少人数タイプ、色々なものがあります。
部屋もオシャレなものも沢山でてきました。
自分の性格や好みに合わせて選ぶとより充実した毎日を送れるでしょう。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
August 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
オススメリンク